Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/theroots/officeotonoha.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 293

全ては模倣から始まる。。。

IMG_20160529_153642

〜全ての上達は模倣から〜

皆さんこんにちは^_^
StudioLeafボイストレーナーの山崎です。

今回のお話は…、
ズバリ【模倣】
つまり…物真似。。。

歌の上達には欠かすことの出来ない、
1番の近道だと僕は思っています。

(歌に限らず、どの世界でも共通する事だと思いますが)

ボーカリストとしてはもちろんですが、
1人のミュージシャンとしてやって欲しい事は、
まずは《色んなジャンルの音楽に触れる》という事です。

ポップスでも、
ロックでも、
ヘビーメタルでも、
Classicでも、
シャンソンでも、
ボサノバでも、
ジャズでも、
演歌でも、
民謡でも、
童謡、唱歌でも、
なんでも構いません。

ありとあらゆるジャンルを聴いてみてください。

そして、
その曲のボーカル部分に意識を集中して聴きながら、
一緒に歌ってみてください。

オリジナル歌手の歌い方、ひとつ1つ、
それぞれに全く異なるものだという事がお分かり頂けるかと思います。

同じジャンルであっても、
歌手が変われば、その歌の伝わり方が変わります。

十人いれば十通り。
それぞれの解釈、歌唱法が存在するはずです。

ビブラートのかけ方から、
息継ぎのタイミング、
強弱、抑揚の付け方、
声色の変化、、

数え上げればキリがない程に、
着目する点は沢山あります。

それらを完コピ出来る位にまで、
聴き込んで、
歌いこむ事が出来れば、、

その時点で、あなたの歌唱力は何倍にもなっている事でしょう。

ですが、
決して間違えないでください。

【模倣】とは、
あくまでも自身の中の【引き出し】を増やす為の手段にすぎません。

それらをいくつも踏まえて、
自分自身の解釈に置き換えて、
オリジナリティに変化させていく必要があります。

絵の具の色が1色ならば、
1色の変化しかありませんが、
いくつもの色が交われば、
それだけ複雑な色合いを出す事が出来るでしょう。

【歌】の世界も同じです。
色んな色を持って、
あなただけの【歌唱法】を見つけてください。

そんな素材に出会える事を、
我々トレーナーは楽しみに待っています。
長くなりました、
今回はこの辺りで。。。